陣場駅

じんば
JR東日本 奥羽本線
秋田県大館市

陣場駅
旧駅舎 H20(2008).6.22
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治32年に開業し、昭和45年に若干東側に移転。写真の旧駅舎
の事務室部分は駅移転時に建てられたものと思われるが、平成21年に
事務室部分は解体。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 陣場駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
秋田県と青森県の県境近くにある駅。青森方から延びてきた奥羽北線の駅として明治32年に開業したという歴史の古い駅ですが、昭和45年から46年にかけて行われた線路複線化工事によって駅全体が若干移転しており、現在でも駅前の茂みの中に旧駅の痕跡を見ることができます。
また、駅移転時に建てられたと思われる駅舎は、プレハブの駅事務室とコンクリート造りの待合室で構成されており、駅事務室部分には出札口の跡がありましたが、現在は駅事務室部分は解体されています。