八戸駅 はちのへ
JR東日本 東北本線/移管
青森県八戸市

八戸駅
旧駅舎正面 平成9年8月2日撮影
八戸市の玄関駅。
八戸市の中心市街地からは直線距離で5キロほど離れており、駅前は都市の規模と比べて地味な印象を受けますが、鉄道やバスの路線が集まるターミナルとして重要な役割を果たしています。

平成17年の訪問当時は東北新幹線の終点でもあったため、駅は新幹線と在来線を乗り継ぐ利用客で賑わっていましたが、現在は新幹線の駅はJR、在来線の駅は青い森鉄道の管理となり、JRとして残った八戸線は青い森鉄道の駅に乗り入れるという形になっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治24年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明だが、昭和9年に駅舎一部改装の記録あり。平成14年に現在の駅舎に改築。在来線の駅は、平成22年にJR東日本から青い森鉄道に移管。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 八戸駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
八戸駅
現在の駅舎 平成17年5月8日撮影