芦ノ牧温泉駅 あしのまきおんせん
会津鉄道 会津線
福島県会津若松市

芦ノ牧温泉駅
駅舎正面 平成18年10月4日撮影
会津若松市の郊外にある駅。
南方3キロほどの場所に、現在の駅名の由来となった芦ノ牧温泉の温泉街が広がっています。

昭和62年7月にJR会津線が会津鉄道に移管され、この駅も会津鉄道の駅となりましたが、現在の駅名はその際に改称されたものです。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和2年に「上三寄」駅として開業し、昭和62年の会津鉄道転換時に現在の駅名に改称。
駅舎は開業当時からのものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 芦ノ牧温泉駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
芦ノ牧温泉駅
ホーム側から見た駅舎 平成18年10月4日撮影