会津高原尾瀬口駅 あいづこうげんおぜぐち
会津鉄道 会津線
福島県南会津郡南会津町

会津高原尾瀬口駅
駅舎正面 平成18年10月4日撮影
山間の静かな集落にある駅ですが、会津鉄道と野岩鉄道の接続駅として、また、南会津・尾瀬観光の拠点として賑わっており、駅前にある観光物産館と駅舎の入口が連絡通路によって直接結ばれています。

開業当時は近隣の銅山からの貨物取り扱いで駅は賑わっていたそうですが、国鉄末期にはわずかな本数の列車が折り返すだけのひなびた無人駅となっていました。しかし、昭和61年に野岩鉄道が開通し当駅で接続。翌年には会津線が会津鉄道へ移管されましたが、その後東武鉄道から野岩鉄道、会津鉄道へ観光列車が直通運転されるようになり、観光拠点駅としての転身が図られました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和28年に「会津滝ノ原」駅として開業し、昭和61年の「会津高原」駅への改称を経て平成18年に現在の駅名に改称。駅舎は開業当時からのものと思われるが、大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 東北のれとろ駅舎 >> 会津高原尾瀬口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
会津高原尾瀬口駅
ホーム側から見た駅舎 平成18年10月4日撮影