鹿部駅 しかべ
JR北海道 函館本線
北海道茅部郡鹿部町

鹿部駅
駅舎正面 平成17年5月21日撮影
茅部郡鹿部町にある駅。駅前は森に囲まれた別荘地で、裏手には陸上自衛隊の演習場が広がっています。また、町の中心部からはかなり離れているため、バスによって結ばれています。なお、町の中心部には昭和4年開業の大沼電鉄鹿部駅がありましたが、昭和20年の国鉄線の開通に伴い大沼電鉄が廃止。しかし、昭和23年に大沼電鉄が部分的に復活したため、「鹿部」の駅名をそちらに譲りましたが、昭和27年に再び大沼電鉄が廃止となったため、再び当駅が「鹿部」の駅名を名乗っています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 昭和20年の駅開業当時からの駅舎。昭和24年に「鷹待」駅に改称されるが、昭和31年に元の駅名に再改称。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 鹿部駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
鹿部駅
ホーム側から見た駅舎 平成17年5月21日撮影