新十津川駅 しんとつかわ
JR北海道 札沼線
北海道樺戸郡新十津川町

新十津川駅
駅舎正面 平成29年4月14日撮影
樺戸郡新十津川町の玄関駅。駅は町の中心部に近い住宅地に面しており、駅前には病院が建っています。札沼線はその名のとおり札幌(桑園駅)と留萌本線の石狩沼田駅を結んでいた路線でしたが、戦時中には部分的に営業が休止され、その後の営業再開を経て昭和47年には新十津川−石狩沼田間が廃止となり、現在の形となりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和6年に「中徳富」駅として開業し、昭和18年に営業休止。昭和28年に「新十津川(しんとつがわ)」駅として営業再開し、平成9年に現在の読み方に改称。現在の駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、駅事務室部分が縮小されている。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 新十津川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
新十津川駅
駅舎内部 平成29年4月14日撮影

新十津川駅
ホーム側から見た駅舎 平成29年4月14日撮影

新十津川駅
駅舎と駅構内と列車 平成29年4月14日撮影

新十津川駅
平成13年当時の駅舎 平成13年9月6日撮影

新十津川駅
ホーム側から見た平成13年当時の駅舎 平成13年9月6日撮影