小樽駅

おたる
JR北海道 函館本線
北海道小樽市

小樽駅
駅舎正面 平成25年6月27日撮影
小樽市の玄関駅。市内観光の拠点としても機能しており、多くの観光客の姿が見受けられます。また、電化区間と非電化区間の境界ともなっており、札幌方面へは主に電車が、長万部方面へはディーゼルカーが走っています。なお、昭和9年に建てられたという3代目駅舎は国の登録有形文化財になっており、平成22年から約1年半をかけて補強を兼ねたリニューアル工事が施されました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治36年に「小樽中央」駅として開業。短期間に「稲穂」駅、「高島」駅、「中央小樽」駅と改称を繰り返し、大正9年に現在の駅名となる。現在の駅舎は昭和9年に建てられた3代目駅舎。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 小樽駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
小樽駅
駅舎内部 平成29年11月4日撮影

小樽駅
貫禄のあるホーム 平成25年6月27日撮影
小樽駅
平成7年当時の駅舎 平成7年3月14日撮影