南稚内駅

みなみわっかない
JR北海道 宗谷本線
北海道稚内市

南稚内駅
駅舎 H23(2011).6.15
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正11年に「稚内」駅として開業し、昭和14年に現在の駅名に
改称。※1
昭和27年に現在地に移転。現在の駅舎は同年に建てられたもの。※2 ※3
昭和40-50年代頃に正面部分が大幅に増築されている。※4
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 南稚内駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
稚内市の市街地にある駅。移転・改称前の初代稚内駅に起源を持つ由緒ある駅で、平成元年まではここから天北線が分岐していました。
また、現在でも列車運転上の主要駅となっており、特急列車を含めすべての列車が停車するほか、駅構内には稚内機関区の後身である車両留置設備があります。
南稚内駅
ホーム側から見た駅舎 H23(2011).6.15
【切符】
南稚内駅 きっぷ
南稚内駅 きっぷ
【脚注】
※1.『国鉄全駅各駅停車1 北海道690駅』 小学館 1983,p.187
※2.『停車場変遷大辞典 国鉄・JR編U』 JTB 1998,p.903
※3.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.20
※4『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.20の写真と『国鉄全駅各駅停車1 北海道690駅』 小学館 1983,p.187の写真を比較。