糸井駅

いとい
JR北海道 室蘭本線
北海道苫小牧市

糸井駅
駅舎 H17(2005).5.21
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正6年に「小糸井」信号所として設置され、昭和31年に現在の駅名で駅に昇格。
現在の駅舎は昭和31年に建てられたもの。※1
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 糸井駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
苫小牧市郊外の住宅地にある駅。
平成17年の訪問時には駅舎内で切符の委託販売が行われていましたが、駅の裏手から駅舎の反対側のホームに直接出入りできるため、そちらのホームのベンチでも切符の委託販売が行われていました。
糸井駅
跨線橋から見た駅舎 H17(2005).5.21
糸井駅
駅舎 R4(2022).6.14
糸井駅
駅舎内部 R4(2022).6.14
糸井駅
ホーム側から見た駅舎 R4(2022).6.14
【切符】
糸井駅 きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.74