本桐駅

ほんきり
JR北海道 日高本線
北海道日高郡新ひだか町

本桐駅
旧駅舎 H23(2011).6.17
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和10年に開業し、令和3年に路線の部分廃止により廃駅。写真の
旧駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、大幅に改装・縮小されて
いた。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 本桐駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
日高郡新ひだか町にかつて存在していた駅。日高本線は太平洋の海岸線に沿って通っているイメージがありますが、当駅は海から離れた内陸部の農村地帯にありました。また、線内のほとんどの列車行き違い設備が撤去された中で、当駅には最期まで列車の行き違い設備が残っていました。

なお、高波による被災で、平成27年から当駅を含む鵡川−様似駅間は不通となっていましたが、令和3年に同区間は廃止。当駅も廃駅となりました。
本桐駅
旧駅舎内部 H23(2011).6.17
本桐駅
ホーム側から見た旧駅舎 H23(2011).6.17