萩野駅

はぎの
JR北海道 室蘭本線
北海道白老郡白老町

萩野駅
駅舎 H17(2005).5.21
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治42年に「知床」駅として開業し、昭和17年に現在の駅名に
改称。現在の駅舎は昭和33年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 萩野駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
白老郡白老町にある駅。駅の周囲は住宅地で、東側には白老港の港湾設備が広がっています。
また、隣の北吉原駅のそばには巨大な製紙工場がありますが、その工場へ続く貨物線が当駅から分岐していたため、平成20年頃までは鉄道貨物輸送の拠点としても機能していました。
萩野駅
ホーム側から見た駅舎 H17(2005).5.21
萩野駅
駅舎 R2(2020).9.13
萩野駅
駅舎内部 R2(2020).9.13
萩野駅
ホーム側から見た駅舎 R2(2020).9.13
【切符】
萩野駅 きっぷ