五稜郭駅

ごりょうかく
JR北海道 函館本線/道南いさりび鉄道
北海道函館市

五稜郭駅
駅舎 R4(2022).6.15
【分類】 現役駅舎
【考察】
明治44年開業。
現在の駅舎は昭和18年に建てられたもの。※1
└平成23年に外装を大幅に改装。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 五稜郭駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
函館市の市街地にある駅。道南いさりび鉄道(旧・JR江差線)が分岐するほか、構内には車両基地や貨物駅を併設しており、昭和53年までは駅前に函館市電も乗り入れていました。
なお、駅名の由来となった史跡・五稜郭は西に約2キロメートルほど離れており、五稜郭を訪れるには函館駅前から市電を利用するのが一般的です。
五稜郭駅
駅舎 R4(2022).6.15
五稜郭駅
駅舎内部 R4(2022).6.15
五稜郭駅
ホーム側から見た駅舎 R4(2022).6.15
五稜郭駅
改装前の駅舎 H23(2011).6.16
【切符】
五稜郭駅 きっぷ五稜郭駅 きっぷ
五稜郭駅 きっぷ五稜郭駅 きっぷ
五稜郭駅 きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.63