銚子口駅
(現・銚子口信号場)

ちょうしぐち
JR北海道 函館本線
北海道亀田郡七飯町

銚子口駅(現・銚子口信号場)
旧駅舎 H17(2005).5.21
【分類】 保存駅舎
【考察】 昭和20年に開業。令和4年に廃止され信号場化。
写真の旧駅舎の建築時期は不明。
└昭和63年改築。(元の駅舎を縮小し改装したものと思われる)
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 銚子口駅(現・銚子口信号場)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
大沼東端部の森の中にかつて存在していた駅。周囲には民家や企業の保養施設などが点在していました。
また、大沼電鉄(昭和4年に大沼公園−鹿部駅間を開業。昭和20年廃止)が、昭和23年に新銚子口−鹿部温泉駅間の路線を再開業させた際には、当駅は乗換駅として機能していたようですが、昭和27年には再開業区間も全線廃止となりました。
銚子口信号場(旧・銚子口駅)
信号場の詰所となった旧駅舎 R4(2022).6.15
銚子口信号場(旧・銚子口駅)
旧駅舎内部 R4(2022).6.15