芭露駅

ばろう
国鉄 湧網線
北海道紋別郡湧別町

芭露駅
旧駅舎 H18(2006).4.18
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和10年に開業し、昭和62年に廃止。
写真の旧駅舎の建築時期は不明だが、平成18年に解体。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 芭露駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
サロマ湖のほとりの集落にあった駅。旧駅周辺には民家が多く、鉄道が廃止されてから年月が経っているにもかかわらず、旧駅前通りからは活気が感じられました。
なお、平成18年の訪問時には旧駅舎は宿泊施設となっており、駅構内もほぼ現役当時のまま保存されていましたが、その後まもなく駅舎は解体。やがてホームなども撤去され、現在、跡地には福祉施設が建っています。
芭露駅
ホーム側から見た旧駅舎 H18(2006).4.18
芭露駅
駅名標と白樺林 H18(2006).4.18
芭露駅跡地
駅跡地に建つ福祉施設 R2(2020).9.12