万世橋駅

まんせいばし
官設鉄道 中央本線
東京都神田区

万世橋駅
商業施設として整備された旧駅の遺構 H30(2018).1.10
【分類】 旧駅の遺構/旧駅舎の模型
【考察】 駅は明治45年に開業。初代駅舎は関東大震災に被災し、仮復旧ののち
昭和18年に駅休止。駅休止前から交通博物館が併設されていたが、平成
18年に閉鎖。平成25年に旧駅跡地が商業施設として整備された。
れとろ駅舎HOME >> れとろ駅舎番外編 >> 万世橋駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
現在の秋葉原電気街から神田川を挟んだ対岸に設けられていた万世橋駅は、官設鉄道中央本線のターミナル駅として開業。しかし、近接地に神田駅や秋葉原駅が開業したことなどからターミナルとしての役割が低下し、駅の営業は休止となりました。
その後、駅の跡地は長らく交通博物館となっていましたが、博物館閉鎖後に商業施設として再開発され、放置され続けていた旧ホーム跡にも立ち入りが可能となりました。
万世橋駅
施設内にある旧駅舎の模型 H30(2018).1.10
万世橋駅
旧駅当時から残る階段 H30(2018).1.10
万世橋駅
旧駅ホーム跡と通過列車 H30(2018).1.10