雁ノ巣駅

がんのす
JR九州 香椎線
福岡県福岡市東区

雁ノ巣駅
車窓から見た旧駅舎 平成5年4月2日撮影
写真は列車の車窓から撮影したもので、駅舎の全体像は掴めませんがそれなりに立派な木造駅舎だったことが伺えます。しかし、撮影当時は既に駅は無人化されており、その後間もなく駅舎は現在の簡易なものに建て替えられました。
【分類】 車窓から見た旧駅舎
【考察】 駅は明治37年に「奈多」駅として開業し、昭和19年の国有化時に現在の駅名に改称。
写真の旧駅舎は昭和17年に建てられたもの。平成5−6年頃に現在の簡易駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> れとろ駅舎番外編 >> 雁ノ巣駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.

雁ノ巣駅
車窓から見た旧駅舎 平成5年4月2日撮影

雁ノ巣駅
現在の簡易駅舎 平成26年10月19日撮影